ヴィトックスαとゼファルリンを徹底比較

ヴィトックスαとゼファルリンどちらもペニス増大サプリとして販売されていますが、一体どちらがおすすめなのでしょうか?こちらで解説しています。
MENU

ヴィトックスαとゼファルリンはどっちが凄いか比較してみた

ペニス増大サプリとして知られ、両方とも非常に人気のあるヴィトックスαとゼファルリン。

 

ペニスを大きくしていきたい者にとっては、どっちがおすすめなのか知りたいのではないのではないのでしょうか?

 

こちらではヴィトックスαとゼファルリンの登場の経緯から特徴、価格を比較することで、それぞれどういう人におすすめなのかを解説していきます。

 

 

ヴィトックスα登場の経緯・特徴

 

ヴィトックスαは、アメリカで25週連続売上No.1を達成した男性向けサプリ「VITOX」をベースに日本人向けに配合成分を見直して発売されたサプリメントで、

 

発売当初から非常に人気であったため、2015年4月にヴィトックスαExtraEditionとして、大幅にリニューアルされました。

 

それまでは、「シトルリン」「アルギニン」「亜鉛」「ガラナ」「マカ」「アカガウクルア」を配合していたのを、シトルリンの量を2倍、100種類の増大成分に加え、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)との関連性がメディアで紹介されているレスベラトロールを配合しています。

 

 

ゼファルリン登場の経緯・特徴

 

ゼファルリンはそれまでシトルリン一辺倒だったペニス増大サプリに対し、シトルリンとトリプトファンとの相乗効果に着目して登場したサプリメントで、初めて複数のサプリメントを掛け合わせて飲むという考え方を導入しました。

 

シトルリンとトリプトファンの相乗効果というのは、シトルリンが血流を改善する一方で、トリプトファンが自律神経を整えリラックス効果をもたらすことで、成長ホルモン・男性ホルモンが分泌されやすくなるため、その相乗効果に着目したことは非常に良い着眼点と言えるでしょう。

 

成分数も50を超えるものが配合されており、長らく日本では人気のあるサプリメントです。

 

 

ヴィトックスαとゼファルリンの概要比較

 

対比表でヴィトックスαとゼファルリンを比較してみましょう。

 

  ヴィトックスα ゼファルリン
主成分 シトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカパウダー、アカガウクルア

シトルリン、トリプトファン

サプリタイプ

カプセル1タイプ

2タイプ(錠剤1タイプ、カプセル1タイプ)
配合成分数

127種類

55種類

1日当たり摂取量
(1箱30日分として)

300mg

1,248mg

イメージカラー

ネイビー(濃紺)

グリーン(緑)

公式価格

12,800円

13,800円

 

成分量を見れば一目瞭然なのですが、ヴィトックスαよりもゼファルリンを飲んだほうが、増大成分を4倍以上多く摂取できます。

 

いくら配合成分数が多くても、全体量が少なければ配合成分それぞれの配合量が少なくなるため、期待できる効果も小さくなってしまいますよね。

 

それでもヴィトックスαが売れているのは何か特別な理由があるのかもしれません。

 

 

ヴィトックスαとゼファルリンの価格比較

 

ヴィトックスαとゼファルリンの価格を比較して行きましょう。

 

ヴィトックスαにしてもゼファルリンにしても、1度に購入する箱数が多くなればなるほど割引率を高く設定しています。

 

価格
(単価)

ヴィトックスα

ヴィトックスα
キャンペーン

ゼファルリン
1箱

12,800円

(12,800円)

13,800円

(13,800円)

2箱

24,550円

(12,275円)

12,800円

(6,400円)

23,800円

(11,900円)

3箱

34,560円

(11,520円)

24,550円

(8,183円)

33,000円

(11,000円)

4箱

34,560円

(8,640円)

41,400円

(10,350円)

5箱

51,200円

(10,240円)

49,400円

(9,880円)

6箱

51,200円

(8,533円)

 

ヴィトックスαは現在ヴィトックスα1箱おまけのキャンペーンを実施中で、ゼファルリンと比較しても、圧倒的に安い価格で購入することができます。

 

サプリメントは大量のものを短期間で飲んでも即効性がなく、少量でも継続的に飲んだほうが効果が出やすいというのは周知の事実ですので、1箱あたりの価格を極限まで下げてくれているヴィトックスαは人気が高いのでしょうね。

 

期待される効果から考えると、ゼファルリンはリラックス効果のあるトリプトファンを配合しているから分量が多くなっている一方で、ヴィトックスαは増大だけに特化した成分配合のため、1日当たりの摂取量が少ないとも言えます。

 

そのため、日々ストレスを感じている人はゼファルリンを単に増大効果を最大限に得たいという人はヴィトックスαを選んでみるとよいでしょう。

 

 

リザベリンヴィトックスα

 

 

 

関連ページ

ヴィトックスリキッドの使用方法・使い方|こんな風に役ちます!

 

ヴィトックスαをアマゾンで買う際の注意点は要チェック

 

ヴィトックスαと極GOLDはどっちが凄いか比較してみた

 

 

 

 

 

 

ヴィトックスα公式サイトの情報はトップページへ

 

 

 

 

 

このページの先頭へ